マレーシアへのおカネの持って行き方

留学が長期になればなるほど、おカネの持って行き方・現地での管理方法はとても重要です。例えば3ヶ月の留学の場合、現地の生活費として多めに見て20万円を持って行くとしましょう。それを全額現金で持って行った場合、財布、スーツケースなどに入れて管理することになりますが、これでは非常にリスクが高いです。財布を落としたり、スリにあったりした場合、まず戻ってくることはありません。

スーツケースにしても万が一空き巣などの被害や何かしらのトラブルで失った場合、勉強どころではなく、生活することができなくなります。

ポイントは必要以上の現金を持ち歩かなくてもよいように準備します。



おすすめの管理方法としては現金とクレジットカードと国際キャッシュカードを併用する方法です。現金は到着後、当面の生活費として必要です。クレジットカードはスーパーマーケットやショッピングセンター、レストランなどで利用できます。また万が一、紛失しても再発行が可能です。国際キャッシュカードとは、銀行の普通預金口座ですが、海外のATMで現地通貨を引き出せる優れものです。滞在期間中の生活費をここに入れておくことで、毎日必要以上の現金を持ち歩く必要がなくなります。

クレジットカードも国際キャッシュカードも現金を持ち歩く必要がないので、紛失した際のリスクを抑えることができます。また必要以上の現金を持ち歩くことで、いつもそこに注意を向け続けないといけませんが、これらをうまく活用することで、そうした見えないプレッシャーを軽減することができます。精神衛生的にもとても重要な要素です。



【こんな記事も読まれています】

マレーシア留学がよく分かるガイドブックを無料でゲット!
この記事を読む


留学の活かし方が分かると学生&社会人に大好評のセミナー
この記事を読む


具体的な留学計画をプロと一緒に作成するカウンセリング
この記事を読む


それぞれの学校の様子や特徴がまるわかり!動画あり。
この記事を読む


留学生活がよく分かる!留学生1日密着ドキュメント!
この記事を読む


マレーシア留学の費用は?留学期間別に留学費用をご紹介
この記事を読む


実際にマレーシア留学を経験した先輩留学生の声
この記事を読む


マレーシアが最高の留学先である8つの理由を大公開!
この記事を読む



マレーシア留学を成功させる3つのステップ!

マレーシア留学完全ガイドブック
マレーシア留学セミナー
個別カウンセリング
マレーシア留学の電話・スカイプ・カウンセリング