マレーシア留学の滞在施設

欧米の場合、ホームステイやシェアハウスが一般的ですが、マレーシア留学の場合は学生寮や学生用バジェットホテル、サービス・アパートメントが中心となります。



学生寮・シェアハウス

マレーシア留学の学生寮とシェアハウスはほぼ同じで、いわゆる3LDKのマンションで3~6名との共同生活になります。学生寮は基本的に同じ学校に通う留学生とシェア、シェアハウスは他の学校や社会人の人々とのシェアとなります。寝室は一人部屋か二人部屋か選択できます。なかにはバス・トイレがついている寝室もあります。

リビング、キッチン、バス・トイレは共有です。キッチンには食器や調理器具が用意されていて、冷蔵庫、電子レンジ、テレビ、洗濯機も完備されています。Wifiも用意されているのでインターネットも利用できます。費用は月3.5万円~8万円程度とお部屋の広さやシングル/シェア利用により異なります。

いろんな国から来ている留学生との共同生活になりますので他の国の文化を知るにはとてもよい環境です。もちろん良くも悪くも日本では想像できないようなこともあります。こうした生活を通して適応力やサバイバル能力を磨くことも、留学で自分の視野や人としての幅を広げるメリットのひとつです。


シェアハウス1の近くのショッピングセンター




学生用のバジェットホテル

学校の学生寮がない場合は、学生用のバジェットホテルがお勧めです。完全個室でベッド、机、トイレ、シャワー、エアコンが完備されており、リーズナブルに滞在することができます。キッチン設備はないので食事は外食。ホテル内の食堂で食べることもできます。費用は月4万円~6万円程度。

語学学校の留学生だけでなく、近隣の大学に通う大学生も宿泊しているので語学学校以外の出会いもあるかもしれません。




サービス・アパートメント

サービス・アパートメントとは、家具や家電完備かつ掃除やリネン交換などのサービスがついたマンションです。自宅のように自炊もでき、プライベートな空間を確保でき、快適な生活を楽しめます。

語学学校によっては徒歩圏内の通学も可能です。立地もよくスーパーマーケット、コンビニ、レストラン、屋台など生活に必要なものはほぼそろっています。

費用は月15万円~20万円程度と他に比べるとお高くなりますがそれだけの価値のある滞在施設です。




【こんな記事も読まれています】

マレーシア留学がよく分かるガイドブックを無料でゲット!
この記事を読む


留学の活かし方が分かると学生&社会人に大好評のセミナー
この記事を読む


具体的な留学計画をプロと一緒に作成するカウンセリング
この記事を読む


それぞれの学校の様子や特徴がまるわかり!動画あり。
この記事を読む


留学生活がよく分かる!留学生1日密着ドキュメント!
この記事を読む


マレーシア留学の費用は?留学期間別に留学費用をご紹介
この記事を読む


実際にマレーシア留学を経験した先輩留学生の声
この記事を読む


マレーシアが最高の留学先である8つの理由を大公開!
この記事を読む





マレーシア留学を成功させる3つのステップ!

マレーシア留学完全ガイドブック
マレーシア留学セミナー
個別カウンセリング
マレーシア留学の電話・スカイプ・カウンセリング