マレーシア留学出発前の手続き

個別カウンセリングで具体的な留学プランが固まったら、
出発までの期間に、下記の手続きをしておきましょう。

まず、留学に必要なおもな手続きとしては、次の5つがあります。

1.語学学校への入学申込み
2.航空券の購入
3.学費の送金
4.学生ビザ申請(3ヵ月以内の留学は不要)
5.海外留学保険への加入

これらの手続きは、すべて当社でお手伝いできますので、
お客様と相談しながら手続きを進めていきます。



次の5つは、お客様ご自身で手続きをしていただきたいことです。

1.在留届
2.住民票
3.年金
4.国民健康保険
5.携帯電話のプラン見直し

在留届

3ヵ月以上、海外に滞在する場合は、
現地の大使館や総領事館に在留届を出すことが義務付けられています。

届けが出ていれば、万一の災害や事故があった場合、
大使館や総領事館から緊急連絡先に連絡が入り、援護活動をしてもらえます。

クアラルンプールの日本大使館に直接出向いてもかまいませんが、
外務省のホームページから、在留届、変更届、帰国届を提出することもできます。

→外務省ホームページ
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/

→マレーシア日本国大使館
http://www.my.emb-japan.go.jp/Japanese/ryoji/gyoumu3.html#zairyu

住民票・国民健康保険・年金

日本を1年以上離れる場合は、海外転出届を出しておきましょう。

海外転出届を出すと、その市区町村から住民票が無くなりますので、
海外滞在中は、国民健康保険、年金の加入義務がなくなります。

その間、国民健康保険証は失効しますので、
必ず海外旅行留学保険に加入してください。

→ マレーシア留学 海外留学保険の詳細はこちら

また海外滞在期間は、
年金を払う必要がない代わり、その分の年数は未納となるため、
将来の年金の受給額が低くなると言うデメリットもあります。

不安な方は任意加入として、年金を払い続けることもできますので、
留学期間の長さによって、自分に有利な方を選ぶとよいでしょう。
詳細は市区町村の窓口で相談してみてください。

携帯電話

お使いの携帯電話がスマートフォンの場合
基本料金が安いプランに変更して、現地に持っていきましょう。

マレーシアは無料のWIFI環境が整っていますので、
現地でもネットやアプリを利用できますし、
LINEなどの無料電話も利用できます。

お使いの携帯電話がスマートフォンではない場合
マレーシアに持って行っても利用する機会はほとんどないと思います。
留学する期間が短い場合は、基本料金が安いプランに変更しておきましょう。
留学期間が長い場合は、解約するのも一案です。

→電話については「マレーシア留学 携帯電話について」の項目をご覧ください。



マレーシア留学を成功させる3つのステップ!

マレーシア留学完全ガイドブック
マレーシア留学セミナー
個別カウンセリング
マレーシア留学の電話・スカイプ・カウンセリング