国名は聞いたことあるけど、よく分からないという方は少なからずいるのでは?実はマレーシアは多彩な魅力あふれる国です。ここでは一挙にその12の魅力をご紹介します。

1.多民族国家=多様性を学べる

多様性

マレーシアにはマレー系、中華系、インド系を中心に、宗教や母語が違う様々な民族の人々が暮らしている多民族社会です。日本は基本的に単一民族。日本人にいま必要とされている多様性(ダイバーシティ)を、肌で感じて、吸収できます。


英語

さらにマレーシアには世界150ヶ国以上から留学生が来ています。マレーシアで留学生活を送ることで、世界中の様々な人々と友達になることができます。そして、様々な文化を肌で感じることで、多様性を受け入れるマインドを養い、真の国際人として活躍するための要素をぜひ身につけてください。


2.英語が話せる生活環境

英語

独立前はイギリスの植民地だったマレーシア。その名残りで国民の多くの人が英語を話します。また、マレーシアの私立大学では授業はすべて英語。なので特に大学を卒業した人々はとても流ちょうな英語を話します。

ビジネスシーンはもちろん、スーパーやコンビニ、レストラン、フードコートなど生活の中で英語を存分に話す環境が整っています。


3.物価が安い

物価

マレーシアの物価はおおむね日本の1/2。食堂や屋台では焼き飯や麺類がドリンクを入れても200円前後と格安です。他にもミネラルウオーターも約30円、電車も初乗り40円、タクシー初乗り100円などなど。

語学学校の授業料や住居費も欧米のほぼ半額。実はこの物価の安さは英語力向上に直結します。なぜかというと、同じ留学予算で欧米の2倍の期間、留学できるからです。3ヶ月のアメリカ留学と6ヶ月のマレーシア留学。どちらが英語力が伸びるかは、明白です。


4.気軽に楽しめるリゾート

リゾート

マレーシアは自然が豊富であることでも有名です。マレー半島の東海岸には透明度の高いビーチが点在し、シュノーケリングやスキューバダイビングなどビーチリゾートを存分に楽しめます。


リゾート

エメラルドグリーンの海に白い砂浜、そんな天国のようなリゾートへ、週末に車や飛行機で気軽に遊びに行くことができます。


5.東南アジア各国へ気軽に旅行ができる

旅

マレーシアは地理的に東南アジアの中心に位置し、シンガポールやタイ、インドネシア、ベトナム、ラオス、ミャンマーなど、東南アジア各国に片道1時間~3時間程度で、気軽に旅行に行くことができます。



旅行2

また、格安航空会社のエアアジアを使えば、片道1,000円程度で行くことも可能。マレーシア留学中に各国を旅し、アジアの見聞を広げることができます。


6.食事がおいしい

food

マレーシアの多様性を象徴するように食の種類の豊富さもマレーシアの魅力のひとつ。マレー料理、中華料理、インド料理など郷土料理は日本人の口にもとても合います。辛い麺もから甘いデザートまで。毎日のごはんが楽しみになります。


また、近年は世界中のレストランがオープンし、イタリアン、フレンチ、メキシカン、トルコ料理、パキスタン料理、日本食、韓国料理などたいていのものは食べられます。また,マクドナルドやケンタッキーフライドチキン、スターバックスなどおなじみのチェーン店はもちろん、日本未上陸のチェーン店もマレーシアで体験できます。


7.味も雰囲気も抜群のカフェ

カフェ

マレーシアにはお洒落なカフェが次々とオープン。お洒落で雰囲気のいいカフェでまったりするのもマレーシア留学の楽しみ方のひとつ。


カフェ巡りをしても楽しいですし、放課後に学校の友達と一緒に宿題をしたりおしゃべりしたり、留学生活自体を存分に楽しめます。


8.充実のナイトライフ

画像の説明

銀色に輝くツインタワーが見えるプールを囲んだバー&クラブや、ビルの屋上のヘリポートで食事するヘリ・ラウンジ、パビリオン内のバー通りなど、夜の楽しみも多彩。


クアラルンプール発展の勢いを最も感じる場の1つです。留学中、学校での勉強はもちろん大切ですが、たまにはキラキラのアジアンナイトライフを楽しむのもとてもおすすめ。ここでしか得られない人脈も広げることができるかもしれません。


9.ショッピングが楽しめる

shopping

マレーシアにはお洒落な洋服や靴や、かわいい雑貨がたくさん!VINCCIやDolls Storeといったローカルブランドは、モダンでスタイリッシュなアイテムが5000円でトータルコーディネイトできるほど安く手に入ります。



ショッピング2

セントラルマーケットやマラッカなどに出かければ、伝統的なマレーや中華系の衣装文化をそのまま残しつつ、現代の生活にも取り入れやすくデザインされたアイテムが手に入ります。休日にショッピングモールへ出かけるのが癖になります。


10.住みやすい環境が整っている

治安が良い

マレーシアの首都クアラルンプールは東南アジアを代表する大都市。多くのショッピングセンターやスーパーマーケット、レストランなどが軒を連ね、交通機関や道路など街のインフラも整備されていて、生活しやすい環境が整っています。



住みやすい

実はマレーシアはロングステイ希望国ランキングで10年連続No.1。物価の安さ、親日的、気候のよさ、英語環境に加え、日本人にとって住みやすいインフラが整っていることが評価されています。


11.治安がいい

2治安が良い

マレーシアは東南アジアの中でもシンガポールにつぐトップクラスの治安の良さで知られています。イギリスのエコノミスト誌が発表している世界平和度指数によると世界28位。アジアでは日本、ブータン、シンガポールについで第4位。アジア留学で有名なフィリピンが銃社会ということもあり同調査で
141位ということをみても、マレーシアの治安の良さが際立っています。



治安4
もちろん日本に比べるとスリなどの軽犯罪は多いので注意は必要ですが、安心して暮らせる環境は留学においてとても大切な要素のひとつです。


12.マレーシアは世界有数の親日国

BERJAYA TIMES SQUARE 4

マレーシアは親日国としても知られています。かつてのマレーシアの国策のひとつに「ルックイースト政策」というものがあります。これは戦後、劇的に経済発展した日本を見習い、マレーシアを発展させようというもの。

国費留学生を日本に派遣し、様々なことを学んだマレーシア人が帰国後、マレーシアの要職についています。そんな背景があり、日本人はとてもあたたかく迎えられます。



マレーシアの動画をご紹介

さらにマレーシアの雰囲気がより分かる動画をご紹介します。ビーチリゾート、高原リゾートなどの自然、大都会クアラルンプール、宗教観や文化が感じられる動画です。




さらにクアラルンプールの動画をご紹介

最後にクアラルンプールの雰囲気が分かる動画をご紹介します。ご自身がこの街で留学生活を送っている姿をイメージしながらご覧ください!




【こんな記事も読まれています】

マレーシア留学がよく分かるガイドブックを無料でゲット!
この記事を読む


留学の活かし方が分かると学生&社会人に大好評のセミナー
この記事を読む


具体的な留学計画をプロと一緒に作成するカウンセリング
この記事を読む


それぞれの学校の様子や特徴がまるわかり!動画あり。
この記事を読む


留学生活がよく分かる!留学生1日密着ドキュメント!
この記事を読む


マレーシア留学の費用は?留学期間別に留学費用をご紹介
この記事を読む


実際にマレーシア留学を経験した先輩留学生の声
この記事を読む


マレーシアが最高の留学先である8つの理由を大公開!
この記事を読む





マレーシア留学を成功させる3つのステップ!

マレーシア留学完全ガイドブック
マレーシア留学セミナー
個別カウンセリング
マレーシア留学の電話・スカイプ・カウンセリング