留学を考えている方には積極的に検討して欲しい

上杉信敦さん(30歳、会社員)

マレーシア留学を3ヶ月体験して、留学もしくは海外生活歴をお持ちの方でないと体験することが難しい、日本とはまた違った世界を肌で感じることができました。

出発までは、多少のわからないこともありましたが、それよりも期待の方が大きかったです。

画像の説明

また、家族はかなり心配はしておりましたが、私が行ったおもにクアラルンプール近郊は、比較的安全な国だと感じています。

インフラもかなり発達しており、清潔度では日本よりも上だとおもいます。駅の設備に関して不便さを感じたことはありませんでした。




住んでいたのは駅の近くの分譲マンション、と表現するのがいい感じの住まいだったのですが、住民もとてもフレンドリーですぐに打ち解けることができました。部屋の住民の国籍は様々です。留学目的の人以外にもビジネスや、KLに長く定住している人もいらっしゃいました。ふとしたことがきっかけでマンションの別棟のオーストラリア人の人と知り合い、部屋にお邪魔したこともありました。

もちろん楽しく過ごせました。その方は長く定住している方なのですが、コミュニケーション力も鍛えられました。こういった体験ができるのも、いろいろな境遇の人が出入りする住まいで、滞在期間が長い留学ならではだからできる体験だとおもいます。

testimonial12_2.jpg

学校はELECというKL中心部の学校でしたが、貴重な留学経験が積めました。僕が行った時期は、たまたま日本人が少なめでした。語学学校の教師の国籍は、地元マレーシアをはじめ、ハンガリー、カナダ、ジンバブエ、ベラルーシといった世界の各大陸からはるばるマレーシアに来てくださって狭い空間にかなり国際色豊かな環境が出来上がってました。

さらに生徒の国籍もリビアやイエメンといった中東諸国に加えて、カザフスタンやロシア、イタリアといった欧州方面出身者も多数いました。




また、私のようにサポートセンターを通して留学してくる人もいれば、父親の仕事の関係でマレーシアにきていて、その子供が語学学校に入学するパターンや、配偶者がマレーシアの企業で働いていて、その奥さんが語学学校で自主的に勉強しているというケースなど入学するきっかけもさまざまです。



基本的に自分の意思で留学する人は、特に外国人では非常に社交的な人が多く、打ち解けるのも時間がかからなかったです。イスラム圏の人とはすごく仲良くなりました。少しの英語がわかる程度で様々な恩恵を受けられます。最近、テロがどうとか話題にはなりますが、マレーシアでは非常に有意義に過ごせました。

マレーシアで無ければ体感できない貴重な時間がたくさんありますので、ぜひ留学を考えている方には積極的に検討して欲しいと感じています。




あなたのマレーシア留学を実現させる3つのステップ!

マレーシア留学完全ガイドブック無料進呈
マレーシア留学セミナー
個別カウンセリング
マレーシア留学の電話・スカイプ・カウンセリング
3ヶ月以内の個別カウンセリング
マレーシア留学の留学費用算出