マレーシア留学 適切な留学期間は?

1. なぜ適切な留学期間を留学計画で決めていく必要があるのか?

Article1.jpg

短期の留学の場合は、夏休みや春休み、仕事の休み、転職の合間など留学できる期間があらかじめ決まっていることが多いですが、長期留学をご計画の場合、留学期間を「6ヶ月間がいいのか?それとも10ヶ月間がいいのか?」など迷うこともあると思います。また、どのくらい留学したら目標を達成できるのかが分からないこともあり、適切な留学期間の設定は意外に難しいです。


ただ、目標の英語力に達成するためにあらかじめ適切な留学期間を設定することはとても大切です。留学を「留学するための留学」にするのではなく、「将来につながる留学」にするためです。留学がゴールではなく、留学で得た英語力や海外経験、人脈などを武器に、人生の可能性を広げ、次のステップに進みます。そこに最短距離で進むために、どれくらいの留学期間が必要なのかということを見定めることはとても大切なのです。

2. 留学期間の決め方

留学期間は2つの視点から決めていきます。

Article2.jpg

1つは英語力の面です。今の英語力と目標にしている英語力のギャップを埋めるにはどのくらいの留学期間が必要かを考えることです。例えば、現在は初級レベルの人が、仕事で十分に使える英語力を目標とする場合、おおよそ10ヶ月間から12ヶ月間が目安になります。あるいは初級レベルの人が日常英会話レベルを目標とする場合は、おおよそ6ヶ月程度が目安になります。中級レベルの人が仕事で使える英語力を目標とする場合は、6ヶ月間から8ヶ月間が目安になります。こうして現状と目標のレベルから必要な留学期間を割り出していきます。



2つ目は現実的な予算の面です。予算が50万円で1年間の留学は現実的に不可能です。予算面から現実的に可能な留学期間を割り出していきます。
そして英語力の面と予算の面のバランスを考え、適切な留学期間を割り出していきます。適切な留学期間の割り出しは、経験と知識が必要なので、経験豊富なプロの留学カウンセラーと一緒に行っていきましょう。


3. 留学期間と英語力の伸び

ここでは日本人にもっとも多い、初級の上/中級の下レベル(中学・高校と英語を普通に勉強してきたレベル)からスタートした場合の目安をご紹介します。

Article3.jpg

1ヶ月留学
英語環境での生活に適応できるようになります。耳が英語に慣れてきて、英語をもっと話したくなる積極的なマインドになります。ファストフード店やレストランで注文できるようになり、海外で生活できる自信がつきます。



3ヶ月留学
日常会話ができるようになり、同じ留学生や非ネイティブとの会話は可能になります。留学生活や旅行などでは問題なく楽しめる英語レベルです。ネイティブとの会話はリスニングが難しかったり、まだまだスピーキングがたどたどしいです。

6ヶ月留学
日常会話はほぼ問題なくできるようになります。ネイティブとの会話も50%くらいは理解でき、コミュニケーションが可能です。リスニング力が向上し、ニュースなども理解できるようになります。ただ、スピーキング力が不十分で、仕事で使うにはまだ物足りない英語力です。

12ヶ月留学
日常会話でどのような場面でも対応できるようになります。リスニング力、スピーキング力ともに必要十分な英語力がつき、ネイティブとのコミュニケーションも問題なく行えるようになります。仕事でも十分に力を発揮できる英語力です。



4. 英語が話せる人と話せない人の違い

Article4.jpg

英語が話せる人と話せない人の違い、それは「人生のなかで一定期間、質の高い環境で、英語に浸った時間があるかどうか」の違いです。朝から晩まで1日中英語だけで暮らせばイヤでも話せるようになります。


「英語を話せるようになりたい」多くの人はがそう思っています。英語が話せるようになったら自由に話せ、友達もたくさんできます。英語を自由に使って、自分のしたい仕事ができ、毎日が充実します。

周囲からは一目置かれますし、仕事でも頼られる存在になるでしょう。自分に自信が持てますし、毎日がいきいきとするでしょう。そんな人生の扉を開く鍵。それが英語力です。

ただ、アメリカやカナダなどの欧米に留学するには費用が高額で手が出ない。そんなことがこれまで多くの方を悩ませ、英語力向上を阻んできました。そんな方々にチャンスを与えてくれるのが、マレーシア留学です。

例えば、オーストラリアやカナダ、イギリスなど欧米での3ヶ月の語学留学を検討している場合、マレーシアでは同じ費用で6ヶ月の語学留学が可能になります。6ヶ月の欧米留学場合は、マレーシアでは12ヶ月の語学留学が可能です。当然、到達できる英語力も格段の差があります。

質の高い環境であれば、オーストラリアでもマレーシアでも同じです。どこで学んだかは関係ありません。そして、どれだけの時間、英語に浸ったかによって到達できる英語力が異なります。

留学は自分の将来に対する投資です。そして留学の予算には上限があります。限られた予算の中でできるだけ長期間の留学を実現し、最大の費用対効果を得ることができるのは、マレーシア留学をおいてほかにありません。




マレーシア留学を成功させる3つのステップ!

マレーシア留学完全ガイドブック
マレーシア留学セミナー
個別カウンセリング
マレーシア留学の電話・スカイプ・カウンセリング






}}