マレーシア留学 親の反対にあったら、、、

「留学したいけれど、親から反対されていて、留学を実行すべきか悩んでいる」
というお客様は、たくさんいらっしゃいます。

そのようなお客様に、私は「ご自身の『留学したい』という思いを
ご両親にきちんと伝えた方がいいですよ」とお伝えしています。

留学を志した理由として、
「英語を勉強したい」、「海外で生活してみたい」という思いを親に伝えると、

[check]「海外で生活して何の意味があるんだ?その後はどうする気なんだ?」、
[check]「留学後、何をするか考えてないのに、行く意味があるの?」

などと問い詰められてしまった、という話もよく聞きます。



私は「なんとなく、海外に行ってみたい」という漠然とした理由でも、
留学を実行することに意義があると思いますし、
海外生活を体験すること自体が目的でも、全然問題ありません。

そもそも、
・留学期間を終えた時に自分がどのくらいの英語力になっていて、
・何ができるようになっているか
は、出発前に明確になることではありません。

もちろん目標を持ち、それに向かって取り組むことは大切ですが、
両親から上記のようなことを言われると、
「目標がないとダメで、それを達成することを保証しないと留学させない」
と言われているような気になるのです。



大事なことは、まず自分が決断し、
ご両親にその決意を話すことだと思います。

ご両親は、お客様の決意の固さを見ているのではないでしょうか。



また人は自分の周囲にいる誰がが、
自分の知らない世界に旅立ち、
自分から離れていくことに対する
恐怖感があります。

そうした感情も理解し、粘り強くマレーシアのことを知ってもらい、
あなた自身がマレーシアの魅力を語り、
両親があなたの留学中にマレーシアに遊びにきたくなるように
されるといいのではと思います。



実は、留学を実行できる期間というのは、人生の中でも限られた時間です。

誰でも人生の流れの中に、今は留学できないという時期がありますし、
逆に、今なら動きやすいという時期も必ずどこかでやってきます。

それが20代なのか60代なのかは人それぞれです。

ただ、一度そのタイミングを逃してしまうと、
次のチャンスがいつ来るかは誰にも分かりません。



僕は仕事柄、60歳代~70歳代のお客様の語学留学もお世話することがよくありますが、
多くの方が
「若いころに留学したかったけれど、いろいろあって留学できなかった」
「いまようやくできる状況になったけれど、この年齢でも大丈夫?」
とおっしゃられます。

そして、もちろん大丈夫なことをお伝えすると、
「すごく不安だけど、一歩踏み出してみたい」
と言う方がたくさんいらっしゃいます。



何でもそうですが、まずは自分が決断しないと、
自分を取り巻く環境は変わりません。

お客様一人ひとりが、ご自身の人生にとって
いい決断をされることを心から願っています。



マレーシア留学を成功させる3つのステップ!

マレーシア留学完全ガイドブック
マレーシア留学セミナー
個別カウンセリング
マレーシア留学の電話・スカイプ・カウンセリング