マレーシアでの大学制度について

マレーシアの大学制度は非常にフレキシブルで、主体性の求められる制度となっています。豊富なコース選択、海外大学への編入などご希望に合わせて組み立てていきましょう。

柔軟なコース選択

UCSI2.jpeg

マレーシアの大学は日本の大学とは違い、4年制の大学、2年制の短期大学と区別されることはありません。様々なコースの選択肢があり、個人のレベル、学習の方法、ペースなどに合わせて柔軟に選択することが可能です。そして海外の大学(主に欧米の大学)への編入・転学も多く、取得可能な学位も様々です。


大学付属の語学学校で英語力をつける

UCSI10.jpg

世界中から留学生を多く受け入れているマレーシアの大学では、英語で授業をするため、大学進学にあたり一定の英語力が必要となります。しかし、日本の高校を卒業した学生で、大学の入学基準を超えるTOEFLまたはIELTSのスコアを既に取得している方はとても稀です。


Nottingham1.jpg

その場合は、条件付き入学として大学付属の語学学校で英語コースを履修することができますので、英語力に自信のない学生でも入学することが可能です。まずは大学進学のための英語コースを履修して、基準となる英語力(IELTS5.5〜6.0程)を取得できてからの大学進学となります。履修期間は約4〜10ヶ月が一般的となっており、最初の英語のレベルにより変わります。大学進学の前に、しっかりと英語力をつけることで大学進学後の授業の理解度が変わってきますので集中して学べる環境が用意されている大学付属の語学学校で集中して英語力をつけましょう。


ツイニングプログラム

Nottingham7.jpg

欧米の大学留学は授業料、生活費の合計で非常に高額な費用が必要となります。しかし、費用も大幅に抑えつつ、欧米の学位を取得可能な方法がマレーシアの大学にはあります。それがツイニングプログラムと呼ばれるものとなります。最初の1,2年間はマレーシアの大学で履修して、残りの期間を欧米の提携大学で履修して学位を取得する方法です。

Monash2.jpg

ツイニングプログラムには2+1、1+2、3+0と様々な方法があります。2+1、1+2の最初の1、2年をマレーシアの大学で履修し、残りの期間を欧米の定型大学で学んで学位を取る方法と、3+0のようにマレーシアにずっと滞在しながらイギリス、アメリカ、オーストラリアなどの提携大学の学位を取得できる方法もあります。マレーシアのツイニングプログラムでは、最初から欧米の大学に進学するよりも大幅にリーズナブルな費用で欧米の大学の学位を取得できるということで、世界中の学生達が集まってきています。この方法を活用することで日本の大学とさほど変わらない費用で欧米の大学の学位を取得できるというとても魅力的な方法です。


3+0コース  マレーシア国内のみのコース
2+1コース  1~2年次をマレーシア、3年次に海外提携大学コース
1+2コース  1年次をマレーシア、2~3年次に海外提携大学コース

費用を抑えたい場合は、マレーシアのみで全てのコースを履修する3+0コースがオススメです。

また、ツイニングプログラムは、一般的なマレーシア国内での大学進学と比較すると欧米の定型大学に留学しない場合でも学費は少し高めとなっております。

ダブルディグリープログラム

Monash3.jpg

ダブルディグリープログラムは、マレーシアの大学とイギリス、オーストラリアなどの海外の提携大学の2つの大学の学位を同時に取得できるプログラムです。ツイニングプログラムと同様に最初の1、2年をマレーシアの大学で履修し、残りの期間をイギリス、やオーストラリアなどの海外の提携大学で履修する場合や、マレーシアに滞在しながら全て履修する場合があります。


アメリカン・ディグリー・トランスファー・プログラム(ADTP:American Degree Transfer Program)

Monash4.jpg

アメリカン・ディグリー・トランスファー・プログラム(ADTP:American Degree Transfer Program)は、アメリカの大学へ編入するためのプログラムとなります。 
マレーシアの大学で履修した学位をアメリカの大学へ移行し、アメリカの大学の学位を取得するプログラムとなります。このプログラムは上記のツイニングプログラムやダブルディグリープログラムと違い、期間が4年間となります。


Monash5.jpg

一般的には、4年間の期間のうち、前半の2年間をマレーシアの大学で履修し、後半の2年間をアメリカの大学で履修することが多く、2+2のプログラムを選ばれる方が多いです。また、あらかじめ提携の大学が決まっていない所がツイニングプログラムやダブルディグリープログラムと大きく違う点となります。そのため、自由に自分の行きたい大学や学びたい分野などをマレーシアで学びながら柔軟に選ぶことができる点がとても魅力的なプログラムとなってます。


2+2プログラム 2年間マレーシア、2年間アメリカ留学コース
1+3プログラム   1年間マレーシア、3年間アメリカ大学留学コース
4+0プログラム 4年間マレーシアのみ
など柔軟にご希望に沿って選択することが可能です。



マレーシア大学進学を成功させる3つのステップ!

マレーシア留学 大学進学完全ガイドブック
マレーシア大学進学セミナー
マレーシア留学大学進学カウンセリング